クィーンズ外来ロゴ
ロゴ


クィーンズ外来イメージ
1・診断と治療の目安は表を参考にするとよいでしょう。
簡略更年期指数
 
症 状
症状の程度(点数)
点 数
1
顔がほてる
10
6
3
0
2
汗をかきやすい
10
6
3
0
3
腰や手足が冷えやすい
14
9
5
0
4
息切れ、動悸がする
12
8
4
0
5
寝付きが悪い、または眠りが浅い
14
9
5
0
6
怒りやすく、すぐイライラする
12
8
4
0
7
くよくよしたり、憂うつになることがある
7
5
3
0
8
頭痛、めまい、吐き気がよくある
7
5
3
0
9
疲れやすい
7
4
2
0
10
肩こり、腰痛、手足の痛みがある
7
5
3
0
合 計    点
簡易更年期指数による自己採点の評価法
0〜 25点:
異常なし
26〜50点:
食事・運動に注意
51〜65点:
更年期。閉経外来を受診
66〜80点:
長期間の計画的な治療
81〜100点:
全身機能の精密検査、長期間の計画的な治療
自己採点はあくまでも目安です。諸症状でお悩みの方は、
一度専門医を受診されてはいかがでしょうか
2・第一選択はホルモン補充療法が一番理にかなっている考えます。
更年期頃より女性には、高コレステロール血症、骨粗鬆症、尿失禁、膣炎、性交障害が始まりこの療法はこれらの病気、症状を予防してくれる働きがあります。長期に治療を受けても癌になる心配もほとんどありません。 最近ではアルツハイマー病を予防するという報告もあります。 ただし、血栓症、重症な肝臓病、原因不明の不正性器出血、ヘビースモーカーの方はこの治療は受けられません。しかし、漢方療法という治療もありますのでご安心下さい。